« 桜2 (ubicast Blogger投稿テスト) | メイン | 初モブログ »

2005年4月19日

『真夜中の弥次さん喜多さん』

大ファンである漫画家しりあがり寿の
最高傑作ヤジキタをクドカンが映画にした。
これは観に行くっきゃない!
かなりおもしろかったです。
原作のシュールさ・グロさを見事に映像化してました。
しりあがり寿は「死」というテーマに異常にこだわる漫画家ですが、
映画も最初から飛ばしていました。
ホモネタ、グロネタが苦手な人は観れません。(^^;
ドラッグのような映画で思いっきりトリップしてしまいました。(@_@
名前だけ知ってた荒川良良の存在感は凄過ぎました。(^◇^;
絶対万人受けはしないだろうな~ (^O^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143641/4771572

『真夜中の弥次さん喜多さん』を参照しているブログ:

» 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」 (RAKUGAKI)
宮藤官九郎よ、ごめんよ、つぼにまったくはまらなかったよ。 細かいギャグがちりばめ [続きを読む]

» 真夜中の弥次さん喜多さん (粋なECOアートの発信地)
「異性」に興味のない、ホモ(ヤク中)二人が「威勢」良く、「伊勢」に向かうお話。 宮藤官九郎監督作品の「真夜中の弥次さん喜多さん 」を公開日にレイトショーで見た。 偶然、時間がぴったりだったので、なんとなく見ることにしたのだが、ラジオ放送を公開前に行うイベント があり、宮藤官九郎、港カヲル(皆川猿時)、中村七之助、小池栄子が舞台でトークしてた。実は結構、そのトークも面白かった。 なんか、�... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

Powered by Six Apart